ハリネズミやチワワなどの販売│飼い方やペットショップの選び方

シニア男性

ペットが亡くなったとき

葬儀

もし大切なペットが寿命や不慮の事故で亡くなってしまった場合、悲しんであげることも大切ですが、犬や猫のような動物の場合は、その亡きがらをどうするのかを考える必要があります。動物病院などに通われていた場合は、そこの獣医さんに相談することができますが、もし自宅で亡くなられた場合は、現在はペット専用の葬儀屋さんがあります。大切なペットとの思い出を共有した家族と一緒に、ペット葬儀で天国まで見送ってくれるサービスを受ける方々が増えているようです。多くのペット葬儀ではペット火葬を実施しているため、残った骨を丁寧に骨壷に入れ、お家の持って帰る方もいます。ペット火葬をする前に、まずは遺体を清める必要があります。死後硬直する前に、ペットのまぶたを閉じて、手足を自然な状態に戻し、生前の眠っているような姿に戻します。また、ブラシや濡れタオルを使って毛並みを整えてあげると、ペット火葬する前に綺麗な姿を残すことができます。それができたら、ダンボールなどの綺麗な箱を用意して、その上に遺体を寝かせます。遺体を安置する場所は湿気の少ない、涼しい場所を選ぶといいでしょう。ペット火葬は予約が入ってなければ、その日のうちに葬儀をすませることもできますが、1日は家族とともに家で過ごすことを望まれる方もいるようです。葬儀のときがきたら、ペット火葬の前に、ペットにゆかりのある物や、ペットが好きだったおもちゃなどを一緒に箱に入れると、いいとされています。また、ペット火葬の前には最後にお礼などのお別れをすると、よりよい葬儀になると思います。